• ホーム
  • アイラッシュカーラーを正しく使いこなして美しいまつ毛を!

アイラッシュカーラーを正しく使いこなして美しいまつ毛を!

2020年02月21日

美人、可愛いと言った印象に魅せたいのであれば、目元のメイクは重要です。人は目周辺と雰囲気を5秒程度みた時に第一印象が決まるとも言われていますし、顔の中でも一番注目されるのが目だからです。特にパッチリした目に魅せるというのがポイントで、そのためにアイメイクをこだわっている方も多いと思いますが、マスカラでまつ毛にボリュームと長さを出したら、カールはビューラーでつけていきましょう。

ビューラーと言いましたが、その呼び方は商品名称ですので実際にはアイラッシュカーラーが正式なアイテム名称です。アイラッシュカーラーにも色々な種類があります。熱が加えられるホットビューラーは、まず熱を与える事でよりカールをつきやすく、持続しやすくなります。長続きするというのもポイントですし、髪の毛をカールさせるときにもアイロンを使ったりするのと同様で、ホットビューラーは熱を加える事でカールしやすい状態になります。

アイラッシュカーラーの特殊フレームには、まぶたに充てるフレームが部分的に立体的になっているものや、フレームの両脇に支柱がないエッジフリーターなど、新しいアイテムもどんどん登場しています。特殊フレーム以外には、スプリングタイプというのもあります。スプリングタイプは、カールをつける際に楽な力で使えるような構造になっているため、まつ毛にも強い負担がかからないというメリットが期待出来ます。

アイラッシュカーラーの使い方ですが、まず軽く顎をあげて伏し目になるように目を細めます。そうする事で、アイラインのふちが平らになりますので、まつ毛のふちを合わせやすくなります。軽く上げた顎を少しずつ下げるようにしながらまつ毛の根元、中央、毛先の部分に軽くテンションをかけながらずらしていきます。その際各部位で5秒程度の時間をおいてテンションを入れるのがポイントです。また力を入れ過ぎてしまったり、根元ギリギリのところに充ててしまうと、まつ毛が切れる原因にもなりますので要注意です。

下まつ毛にも使用出来ますので、使い方は上と同様ですので両方カールさせる事で、よりぱっちりとした目元になりますので両方するのもお勧めです。

使い方は簡単ですし、コストもあまりかからないという点でのメリットは大きいです。しかしお手入れをしたり買い替えを検討するタイミングも重要です。目元に使うアイテムは、特に雑菌が繁殖しやすいですし、それが繁殖してそのまま使う事で、目元にアレルギー反応が起きてしまう事も有りますので要注意です。

お手入れでは、除菌シートを使って使用後に拭くことをお勧めします。またアイラッシュカーラーは1度買ったら半永久的に使えると思っている方もいるかもしれません。しかしゴムは消耗品ですし、様子を見ながら次の物を購入するタイミングを考えていくのも重要ポイントです。

メンテナンスで重要なポイントはゴム交換と、本体の買い替えです。ゴムは毎日使っていれば3か月ぐらいでの交換が理想です。効果を持続させるためには、豆にチェックとメンテナンスをしていきましょう。